会社概要

リサイクルプロセス

【焼却灰受入ピット、破砕選別機】

受け入れた焼却灰は、粉塵や臭気の問題が無いよう密閉されたピットで保管されます。       
2,100立米のピットを有し、万が一、施設停止時でも受入を確保します。
受入後、破砕及び選別を行うことで製品への異物混入を防ぎ、鉄などの不適物を除去します。
【焼成炉 : ロータリーキルン】

還元剤を焼却灰に添加し、ロータリーキルン式焼成炉で約1,000℃の焼成処理を行い、
重金属類の揮発分離・不溶化・ダイオキシン類の無害化を行います。
【粉砕機】

焼成後、焼成物を冷却し、粉砕機で細かく粉砕します。
【造粒機】

最後に粉砕品に、水・セメント・安定剤を加えて混合・造粒して人工砂を生産します。
【製品ストックヤード】

できあがった人工砂は、セメントが硬化するまで養生を行った後、出荷します。
処理対象物 
【一般廃棄物】 焼却灰、ばいじん
【産業廃棄物】 燃え殻、汚泥(無機性のものに限る)、鉱さい、ばいじん
埼玉県知事許可/許可番号1120113214
受入処理能力
300t/日  (焼成処理能力288t/日・2系列・24時間)
人工砂生産能力
228t/日
 
 

当社の特徴リサイクルプロセス製品(人工砂)紹介彩の国資源循環工場分析品質管理